女性スタッフ

蜂に悩まされないように駆除を徹底|害獣被害を予防するガイドブック

磁石とテグスの利用

住宅

鳩には体内磁石が備わっています。晴れた日であっても曇っている日でも鳩は住処に戻ることができます。それが非常に遠い距離であっても可能です。これはなぜかというと、体内の磁石を使って誘導磁場の向きに飛んでいるからです。そうすることで迷うことなく自分の住処に戻ることができるわけです。そのため、航路を決定付けるほど非常に重要なので、磁場の強い場所には近づかない習性があります。実は鳩のこうした習性を逆用した対策方法があるのです。それは磁石の設置です。磁石を鳩がくるところにおいておくと近づかなくなります。吊っておくと風に吹かれて揺れますので、磁場が広がってさらに効果的です。磁界の変化は鳩に警戒心も抱かせます。

磁石を使うことが対策になりますが、それではどのような磁石がおすすめかというと、何でもかまいません。ネオジウム磁石でもフェライト磁石でも種類は問いません。あえて言うのであれば大きいものが良いです。それを等間隔に置いておくと磁場が発生して鳩の撃退対策になります。また、もう1つ鳩の習性を利用した方法があります。それはテグスを使った対策です。鳩は首から上に細い糸状のものに触れられることを極端に嫌います。そのため、鳩が留まり易そうなところで、鳩の首あたりの高さにテグスを張っておきます。そうすると、やってきて留まるとテグスが首のあたりにあたりますので、すぐに立ち去ります。このように対策方法はいろいろとありますので、自分でやりやすいものを選びましょう。