女性スタッフ

蜂に悩まされないように駆除を徹底|害獣被害を予防するガイドブック

団地やマンションは要注意

ハト

隙を作らないことが肝心

団地やマンションのベランダは鳩にとって格好の休憩所や巣作りの場所になります。また、一度でも巣を作ってしまうと強い帰巣本能から人間が追い払っても何度も戻ってきてしまうのです。ですから、基本は鳩を寄せ付けない対策を日ごろから行っていくことが大切です。鳩は、非常に目がいい鳥で、気になる場所を見つけるとしばらくの間、遠くから観察して安全だと思うとやってくるようになります。まずは、安全だと思わせないような工夫が必要です。ベランダは常に清潔にして物をおかないようにします。人が常にベランダに出てくることで安全地帯ではないと認識させるのです。ホームセンターなどに売っている忌避剤も、巣を作られる前なら効果があるでしょう。また、鳩が止まりそうなところには、とげの生えた鳩除けシートを設置して対策します。

天敵を使って防御する

それでもしつこく鳩が近くまでくるということは、あなたのベランダ以外に鳩のコロニーがあるのかもしれません。臭いや罠などの対策で追い払えないようでしたら、次は本能に訴えていきましょう。鳩の天敵は、ヘビやカラスです。ゴムでできたヘビのおもちゃをベランダに置いておいたり、黒いビニール袋をカラスに似せて物干しからぶら下げたりするだけで効果があるようです。ただし、案山子がそうであるように、やがて作り物だと見抜かれてしまうこともありますから、いったん近寄らなくなった時点で、徹底的な対策が必要になってきます。一番効果が高いのは、ネットを隙間なく張り巡らすことで、物理的に鳩の侵入をブロックすることです。この際、ほんの小さな隙間でも空いていると逆効果になってしまいますので、厳重に設置することが重要です。